渡辺隆建築設計事務所

04.09.2019

キャンプのあとのサクラとミドリ。

iwtnie_spskr19_02 - s.JPG

新潟での2泊3日の研修キャンプから帰ってきましたら(ブログでのまとめ報告は後日になりますが、キャンプの様子はSNSで実況していました。このHPの下部にある各アイコンをクリックしますと、その様子を見ることができます)、、、

iwtnie_spskr19_15 - s.JPG

事務所の裏山の桜は、満開からほんの少し通り過ぎて葉桜になり始めていました。

iwtnie_spskr19_13 - s.JPG

はかない桜のピンクも美しいですけれど、周りの木々の新緑のミドリのまぶしさと言ったら・・・。

4月、、、新しい生命力に溢れた、希望の季節だなぁ、なんて。

本日の音楽: Coldplay [ Viva La Vida ] 07 Viva La Vida

このアルバム、「美しき生命」なんて邦題が付けられていました。最近、音楽の世界ではあまり邦題は少ないように思いますが(映画は邦題が付けられていることが多いですけれど)、昔は邦題率がもっと高かったような。Meat Loafの「Bat Out of Hell」が「地獄のロックライダー」とか、The Policeの「Don't Stand So Close To Me 」は「高校教師」とか(笑)。渡辺青年は、そんな意味の分からない邦題が背表紙に居座っている様がイヤ(英語をカタカナ表記している日本盤もカッコ悪くてイヤでしたねー)で、輸入盤CDを選んで買っていました。。。今となっては、その時代を感じる邦題、味わい深くてアリだと思っているのですけれど。それにしても、この邦題一体だれが考えていたのでしょう。アーティスト本人に了解はとっていたのかな。

04.04.2019

キャンプイン。

twtncmp19_01 - s.JPG

Newsのページでも告知させていただいておりますが、渡辺隆建築設計事務所は4月5日(金)から4月7日(日)まで毎年恒例の研修キャンプです。

6回目となりました今年も、行き先は新潟県三条市SnowPeak本社キャンプ場「SnowPeak Headquarters」。10周年の年が終わり、新たなスタートの年(令和元年でもありますね!)、気分も新たに行ってまいります。

いつものように、道中に建築を見学し、事務所内で使用している備品(SnowPeak製のイスやテーブルやシートなど)を持ち出して、普段の業務とは違う形でフル活用して仮住まいを作り、食事を作って食べ、、、

そして、これは新しい試みですが山を歩いてきます。

天気予報は、今年もイマイチで心配ですけれど、

3日間のキャンプを通して、今シーズンの為の良いチームを作り上げてきたいと思います。

いろいろなプロジェクトが進行している中で、お休みを頂くことになり、関係者の皆様にはご迷惑をおかけしてしまいますが、来週の月曜日からまた新たな気持ちで取り組んでいきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日の音楽: Kraftwerk [ Autobahn ] 01 Autobahn

新潟までの道のりは長いので、車中で聴く音楽も楽しみのひとつ。クラフトワークのアウトバーンなど聴きながら。

04.01.2019

新しいはじまり。

twtntj_03 - s.JPG

本日、2019年4月1日より、「非常勤職員」として辻琢磨君が渡辺隆建築設計事務所に加わりました。

辻君は、403architecture [dajiba] として、橋本君・彌田君と共に活動し、2014年には吉岡賞も受賞するなど活躍は目覚ましく、ご存知の方も多いかと思います。既に実績十分な辻君ですが、公共建築や企業との案件にも取り組んでいる渡辺隆建築設計事務所で、403とは違うアプローチで建築を学んでみたいという打診があり、どんな事柄もオープンでいることが私の姿勢でありますし、「もっと学びたい」という彼の姿勢にも共感して受け入れることにしました。

辻君の加入は、10年以上私のトップダウンで建築をつくってきた渡辺隆建築設計事務所にも何かしらの変化をもたらしてくれるでしょうし、常勤職員の寺田君・増田君・岩田君にとっても良い刺激になるのではないかと思っています。

また、この設計事務所での「非常勤職員」という取り組みが、これからの若い建築家の皆さんの働き方や経験の積み方の選択肢の一つになり得るのではないかと期待もしています。

新しい元号「令和」が発表された記念すべき日から始まる、渡辺隆建築設計事務所にとっての新しい取り組み、温かく見守っていただけましたら嬉しいです。

本日の音楽: Weezer [ Teal Album ] 02 Everybody Wants To Rule The World

Weezerがリリースラッシュで嬉しいかぎり。「BLack Album」に続いてリリースされたのがこのカバーアルバムです。かなりオリジナルに近いアレンジで、ポップスへの愛着がヒシヒシと伝わってきました。大好きなTears for Fearsの「Everybody Wants to Rule the World」が入っていたのが嬉しい♪

pagetop