渡辺隆建築設計事務所

BLOG

07.29.2019

建築設計事務所の公共性。

ksg_kksi_02 - s.jpg

これからの公共建築を行政と設計者が共に考えるイベント「地域に活力を与える建築のプロセス」(JIA愛知主催)に登壇。

ksg_kksi_01 - s.jpg

豊岡中央交流センター」や「磐田卓球場ラリーナ」など公共建築に関わりながら、渡辺隆建築設計事務所が設立以来ずっと気にしている、「設計事務所」としての公共性についてお話しさせていただきました。

ksg_kksi_03 - s.jpg

地域の中で設計事務所としての信頼をどのように得ようとしているのか、行政との仕事をどのような視点から見ているのか、公共建築の設計に取り組んでいるのか、、、

その取り組みの一つとして、渡辺事務所ではコンペやプロポーザルよりも発注数が多い「入札」への参加があって、それは、学びや、行政・市民・施工者の皆さんとのコミュニケーションの構築や、地域の問題点などの情報収集などとしても有効であったこと。それが建築のクオリティにつながっていること。これを積み重ねることでJIAが推奨するコンペやプロポーザルへの参加のチャンスも自然と増えていくのではないかということ・・・。

ksg_kksi_04 - s.jpg

今回のイベントが、これからの公共建築をつくるための行政と設計者の議論や勉強の場を増やすきっかけになるとよいのですけれど。。。

対談してくださいました鈴木賢一先生、お声掛けくださいましたJIAの皆様、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

私たちとしても自分たちの活動や姿勢を整理する良い機会になりました。

本日の音楽: Thom Yorke [ANIMA ] 01 Traffic

出ました。トム・ヨーク(レディオヘッド)の新作。アルバム全体の雰囲気はいつも通り内省的なのですけれど、ダンスミュージックよりな踊れる曲が多い印象。フジロックのステージにも立ったようですし、行った人が羨ましいです。

07.23.2019

トランスフォーマーなカセットコンロ。

h&c_b_009 - s.JPG

昨年末に届いた「snow peak」の2019年版のカタログに今年発売される新製品として紹介されていて、それ以来、気なって仕方がなかった折り畳み型の「Home & Camp Burner」。

先日ようやく発売になり、渡辺事務所にもやってきました。

h&c_b_017 - s.JPG

h&c_b_015 - s.JPG

h&c_b_018 - s.JPG

h&c_b_024 - s.JPG

h&c_b_026 - s.JPG

ボトル形状から可変してカセットコンロになる様は、正にトランスフォーマ!

カセットコンロって、使用しないときは棚の奥の方にしまわれていて、さあ、という時にゴソゴソと出してくるというイメージがありますけれど、これなら普段から見えるところに並べておいてインテリアとしても成立しますし、持ち運びもラクチン♪

h&c_b_004 - s.JPG

いろいろツボ過ぎるカセットコンロ、おすすめです。

本日の音楽: Raconteurs [ Help Us Stranger ] 02 Help Me Stranger

ジャック・ホワイト(ホワイト・ストライプス)のプロジェクト「ザ・ラカンターズ」の3rdアルバムが全米1位を取ったとか。こういうロックがチャート1位になるアメリカが素敵です。

07.03.2019

雨の日に。

tyokco_1907_02 - s.JPG

久しぶりに「豊岡中央交流センター」へ。

tyokco_1907_07 - s.JPG

tyokco_1907_12 - s.JPG

早いもので、もう3歳と4か月・・・。

tyokco_1907_16 - s.JPG

館長さんは、芝生のお手入れを気にされていたけれど、クローバーの花がところどころ咲いているラフな芝の状態が、折板屋根のおおらかさにとてもよく似合っていると思いました。

tyokco_1907_15 - s.JPG

tyokco_1907_20 - s.JPG

tyokco_1907_29 - s.JPG

あと、雨降りも、とても。

本日の音楽: The Black Keys [ "Let's Rock" ] 01 Shine A Little Light

「The Black Keys」新作。1曲目のイントロからもう最高過ぎて(泣)。タイトル通りのシンプルなロックなんですけれど、新しさを感じるしスタイリッシュでもあって、超超超おススメです!

06.21.2019

共感しかない。

831194_skncn_01 - s.JPG

831194_skncn_06 - s.JPG

現在、渡辺隆建築設計事務所でもヘビーローテーション中、

曲(どこか80年代のシティポップ感のある楽曲群、気持ちいいです!)も、曲順(6年間にリリースされたシングルもめちゃくちゃ自然に納まってます!)も、ポップで作為的なDisc1(東京盤)とディープで無作為的なDisc2(札幌盤)の2枚組というコンセプトも、完璧すぎ、ツボ過ぎなサカナクションの新作、「834.194」。

ライブで新曲を聴いた後に、CD音源を聴く体験も新鮮!)

Nerholがこのアルバムのために作った彫刻作品(積み重ねた写真から削り出した)が使われているアートワークも、内容と同等に素敵です。ストリーミングやダウンロードで手軽に音楽を聴くことができる時代だからこそ、こういうデザインのCDの意味があるんじゃないかなぁ。

手に取る特別感、ありますよね。

831194_skncn_11 - s.JPG

831194_skncn_14 - s.JPG

そんなことが嬉しくて、パシャパシャ。

831194_skncn_19 - s.JPG

831194_skncn_22 - s.JPG

もちろん小口も。

831194_skncn_25 - s.JPG

それから中身も。

写真を撮っても嬉しいです(笑)。

前作から6年ぶり、待った甲斐がありました。というか、全てにおいてその時間分の説得力がある作品です。

音楽・ビジュアル・インタビューの言動、、、とにかく共感。

建築(本業です(笑))、頑張ろ!

それにしても、週金曜日の「ポートメッセなごや」からの一週間は刺激的で特別な時間でした♪

本日の音楽: サカナクション [ 834.194 ] 2-01 グッドバイ

マイノリティとマジョリティ、地方と東京、作為的なものと無作為的なもの、どちらも捨てないに姿勢に本当に共感しています。振り切らずにそのどちらもが同居している様がとても好きですし、その間で揺れながら作っていくこと自体にこれ以上ない説得力があると思っています。前者と後者、どちらかのサカナクション派かと問われれば、断然後者派ではありますけれど。そこに自分自身の危うさを感じたり・・・(笑)。バランスとっていきましょう(笑)!

06.15.2019

「たべっ子水族館」事件。

sknaq2019834194_02 - s.JPG

SAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session

2019.6/14 ツアーファイナル 名古屋公演。

末っ子(小学3年生)とポートメッセなごやへ。

サカナクションのライブへ行くのも今回で4回目。

山口一郎さんが大好きな末っ子くんは、嬉しすぎて眠れなかったみたい。。。

sknaq2019834194_06 - s.JPG

この日は、なぜか学校の授業が終わるのもいつもより早くって、次の日は土曜日でお休みだし、物販で念願の「たべっ子水族館」も買えたし、彼にとって良い事しかない状況で(笑)、開場のずいぶん前からテンション高め。

sknaq2019834194_11 - s.JPG

6.1chサラウンドは、2年前の幕張で体験済みだったのですけれど、臨場感と迫力はやっぱりとんでもなくって、、、

新曲も織り交ぜたセットリストも新鮮で、、、

なにより、末っ子くんがしそうで、、、

素敵な夜になりました。

そうそう、この日は収録カメラも入っていて、ブルーレイが発売にもなるらしいです。

それもめちゃくちゃ喜んでたなぁ。

それから、来週は6年ぶりのニューアルバムも発売に。

彼にとって、嬉しいニュースがたくさん。

sknaq2019834194_13 - s.JPG

・・・ところが、翌日目が覚めたら彼にとって最悪なニュースが、、、

大事な大事な「たべっ子水族館」をお兄ちゃんに食べられてしまっていて・・・大騒ぎ(笑)。

どうにもことが収まらないので、お父さんが事務所のみんなにお土産で買ってきたもう一つの「たべっ子水族館」を回収して提供することに・・・(みんな、ご、ごめん・・・)。

本日の音楽: サカナクション [ 834.194 ] 2-04 ナイロンの糸

新しいアルバムのリリースまであと数日。金曜日のライブではリリース直前のアルバムの中からこの新曲も披露されました。ノリノリでキャッチーなサカナクションの曲も大好きですが、この曲のようなゆったりとした美しい曲はもっと好き。後半のサビ以降の高揚感といったら、、、ブルブル。

pagetop