渡辺隆建築設計事務所

03.31.2019

出島の新しい橋の本。

djmbs_01 - s.JPG

待ちに待った本が届きました。

出島表門橋と12の橋 FOOTBRIDGE&12 BRIDGESNEY&PARTNERS JAPAN

djmbs_06 - s.JPG

国に指定された史跡である「出島」に荷重負担ゼロ、橋の上部に景観を損ねる構造物ナシ、河川内に柱脚ナシで架かる美しい橋、「出島表門橋」をメインに、ヨーロッパ各地に架けられた歩道橋から厳選された12橋の図集です。

「出島表門橋」は、石橋を選択する場合、橋の長さを含め完全に再現しなければならないため、鎖国当時の川幅4.5mに対して現在の川幅は30mとなっている以上不可能。となると、景観に配慮しながらも、復元と誤解されないよう現代風の橋としなければならない(また国指定史跡の出島側は掘ることができない)という制約の中から生まれた橋です。

しかも、市民からの「なんで石橋じゃないんだ!」と反発の強い状況の中、プロジェクトがスタートしたとのこと。

djmbs_03 - s.JPG

djmbs_04 - s.JPG

djmbs_05 - s.JPG

「出島ベース」という団体を立ち上げて様々なイベントを仕掛けて地道に理解を求めていったり、難しい構造の橋を地元の造船技術を生かして施工したり、列車を運ぶように工場から現場へ橋を運搬したりす、設計の技術的な面以外にも、いくつものストーリーがあって、読みごたえ十分。

一般書店では流通していないようなので、今回手に入れることが出来て嬉しいです!

本日の音楽: ユニコーン [ ヒゲとボイン ]  14 車も電話もないけれど

シングルカットされていないですけれど、ユニコーンの楽曲の中でも特に大好きな曲のひとつ。黒船来航から幕末の頃を舞台に金髪の女性に出会う驚きが歌われています。聴くと、新しいものを素直に新鮮に受け入れる若者のワクワク感で元気になれること間違いなし!

03.30.2019

ヤマハスタジアムへ。

今日は、鹿島アントラーズ戦。

久しぶりにヤマハスタジアムへ。

アントラーズ戦を観るのは、もっともっと久しぶりで、、何年ぶりでしょう・・・。

・・・ドキドキ

アントラーズは相変わらず強いですし、ジュビロは今あまり調子よくないので、ちょっと怖かったのですけれど・・・

iwksymh_07 - s.JPG

ボールを支配され、押し込まれながらも、何とか引き分け。

ほっ

でも、まだしばらくの間は、我慢の時かなぁ。

頑張れージュビロ磐田!

本日の音楽: Killers [ Day & Age ] 02 Human

もう何度も紹介していますけれど、グアルディオラはバルサの監督時代このKillersの「Human」をモチベーションビデオに使用して決戦前の選手の士気を高めたとか(渡辺事務所でもそれにあやかって、大事なプレゼン前に聴いていたりします)。ジュビロ磐田の皆さんにもおススメしたい!

03.28.2019

寺田くんの建築のはじまり。

trdtijsi_04 - s.JPG

今日は大安、スタッフ寺田君の自邸の地鎮祭が執り行われました。

業務を片付けた後の時間や休日を使って設計や調整を重ねて一年半、、、ついに着工。

いよいよだね。寺田君、おめでとう!

trdtijsi_05 - s.JPG

(いつもは寺田君がやってくれている撮影係を、今日はワタシが担当(笑))

敷地は、山と茶畑に囲まれたとてもおおらかな良い環境です。

この地に、ワタシや事務所の意志が全く入っていない、100%寺田君のデザインの建築。

楽しみです。

ワタシとしても、事務所としても、全面的に応援していますし、バックアップしていきたいと思います。

頑張れ!寺田君!

本日の音楽: 荒井由実 [ ひこうき雲 ] 01 ひこうき雲

名盤中の名盤。最近、改めてよく聴いていて、、、初期のユーミンのあふれ出る才能の輝きと、瑞々しさと言ったら・・・(泣)。

03.27.2019

久しぶりに、映画部。

eigbhssbr_07 - s.JPG

先日、久しぶりに、渡辺事務所の映画部が活動しました。

本当に久しぶり、、、いつ以来かも思い出せないくらい。

今回の活動ではちょっとルール改正をして、同じ時間帯であれば、部員(スタッフ)のみんなは観たい映画も自由に選択できるようにしてみました(今までは、観る映画は話し合いで決めて、座席はそれぞれ自由というルールでした)。

そんなわけで、それぞれ観た映画は、

eigbhssbr_04 - s.JPG

私と寺田君と増田君が「スパイダーマン:スパイダーバース

岩田君が「バンブルビー

eigbhssbr_02 - s.JPG

「スパイダーバース」、めちゃくちゃよかったです。アニメーションならではのデザインがスパイダーマンの世界観にぴったり。音楽もよくって、かなりおススメです!

「バンブルビー」も感動作だったようで、、、、

事務所全体として同時に体験できる作品数が2倍、3倍になって、後からそれぞれの作品について報告しあうことができるのもいいなぁと。

しばらくは、今回の改正ルールを継続してみようと思っています。

(ちなみに、映画部では、映画チケット代+スナック代500円が事務所より支給されています・・・)

本日の音楽: 凜として時雨 [ DIE meets HARD ] 01 DIE meets HARD

「スパイダーバース」日本語吹き替え版の主題歌は「凛として時雨」の「P.S. RED I」。ありがちなオリジナル(洋楽)のままでいいのに感は全然なくって、めちゃくちゃハマっていてカッコよかったです。ちなみに紹介している「DIE meets HARD」は、私が大好きなドラマ「下北沢ダイハード」のオープニングテーマ曲でこちらも世界観にぴったりで最高でした。

03.26.2019

静岡理工科大学でのこと。

rkkdkhy_02 - s.JPG

1月から3月初旬にかけて、バタバタしてしまっていて、なかなか振り返る機会を作ることが出来ていなかったのですけれど、

2018年度後半、建築設計の非常勤講師として通っていた静岡理工科大学では、設計課題の集大成として、1月末に学科内での講評会が、2月末にはバーティカルレビューが行われました。

rkkdkhy_01 - s.JPG

バーティカルレビューでは、渡辺真理さん、冨永美保さん、川本敦史さん、豪華なゲストの先生方をお迎えして、講評いただきました。プレゼンした人にとっても、席から聞いていた人にとっても、かけがえのない経験になったと思います(ワタシも、非常勤講師をさせていただいていなければ、ありえない場に立ち会うことができ、感激でした!)。

rkkdkhy_05 - s.jpg

いろいろと今後への課題はありますが、まだ生まれたばかりの建築学科としても、よい評価いただくことができ(レベルも高く、ほかの大学の建築学科にはないおおらかさや多様性があるとのこと)、ホッ。

rkkdkhy_06 - s.jpg

半年間、大学で学生の皆さんと過ごした時間は、たくさんの刺激をもらったり、初心に帰ったり、良い意味で現実逃避したり(笑)、ワタシにとっても、有意義なものでした。

そして何より、

建築学科棟「えんつりー」という恵まれた環境のもと、素晴らしい先生方と、伸び盛りな2年生の皆さんの急成長を目の当たりにできたこと(まだまこれからなところもありますけれど・・・)がとても嬉しく、これが教育の醍醐味だなぁと。

rkkdkhy_07 - s.jpg

来年度の後期もまた「えんつりー」に通います。

2期生の2年生は1期生の先輩たちを見てどんな作品を生み出していくのでしょうか。1期生のみんなは、3年生の前期でどのように成長しているのでしょうか。

今から楽しみです。

pagetop