渡辺隆建築設計事務所

BLOG

02.14.2019

イワタノイエのまわり。

iwshuen_06 - s.JPG

イワタノイエ」の周辺は、昔に比べるとずいぶん開発されて景色も変わってきているのですけれど、やっぱりのどかで、農村的な空気感が残っているところもまだまだ多いです。

iwshuen_10 - s.JPG

iwshuen_13 - s.JPG

光を反射して輝きながら風になびく農業用のメッシュシート。

iwshuen_24 - s.JPG

iwshuen_25 - s.JPG

iwshuen_28 - s.JPG

畑の土留め、流用いろいろ。

iwshuen_02 - s.JPG

iwshuen_03 - s.JPG

iwshuen_30 - s.JPG

連結されたビニールハウスや、増殖する小屋や、パッチワークな外壁。

素朴な素材や即物的な作りの建築や工作物って、何とも言えない魅力がありますよね。

憎めない可愛さだったり、予期せぬ美しさだったり、たくましい生命力のようなものだったり・・・

子供の頃、一緒に暮らしていた私の祖父も農家で、そのあたりに転がっている廃材で何でも作ってしまう発想の柔軟さと器用さにいつも驚かされていました(庭に設置されていた雲梯などの遊具も手作りでしたし、プロゴルファー猿が流行ったらすぐに木の根でドライバーを削り出して作ってくれたりも・・・)。

畑や農家のお屋敷の片隅に控えめに存在しているあれやこれやは、そんな「あの頃」を思い出させてもくれます。。。

本日の音楽: Soundtrack [ 戦闘メカ ザブングル ] 01 疾風ザブングル

「あの頃」繋がりで、、、時々無性に聴きたくなってしまうのが、当時のアニソン(私は特にロボットアニメの主題歌)。「ザブングル」、特にテンション上がります(笑)。ガンダムはもちろん「エルガイム」や「ダンバイン」も一緒に聴くのがお約束。

02.12.2019

お寺でロック。

knznj_mj_04 - s.JPG

日曜日、お寺でのロックなライブへ。

「MINDJIVE Vol.27 ROTH BART BARON HEX 浜松 舘山寺 公演」

五味さん(LOSTAGE)のピュアな弾き語と、美しく多幸感に溢れたROTH BART BARONの6人編成の華やかなライブは、歴史のある舘山寺の空間との相性は抜群(昔のお寺が最先端の文化発信の場だったとすれば、当然かもしれませんけれど・・・)!

その光景は神秘的なお祭りのようでもあり。。。

それはそれは、素敵な時間でした。

本日の音楽: ROTH BART BARON [ HEX ] 04 HEX

恐れ多くも、予習なしでライブに行ってしまったワタシ・・・。復習すべく、最新アルバムをポチっとしたところです。

02.05.2019

音楽当番。

ogtbn_05 - s.JPG

一週間ほど前から、スタッフの帰宅目標時間カードという新しいルールを取り入れてみた渡辺隆建築設計事務所、それ以外にもいろいろなルール(伝統?)があって、そのひとつが音楽当番です。

ogtbn_07 - s.JPG

音楽のある仕事環境っていいですよね!

ogtbn_08 - s.JPG

これは、自分の事務所を立ち上げたら、必ず実現しようと楽しみにしていたことのひとつで、

面倒だと思うスタッフもいるかもなぁ(笑)と思いつつも、10年以上ずっと継続しています。

本日の音楽: 中村佳穂 [ AINOU ] 02 GUM

いろいろなメディアで絶賛されているのを目にして、気になって仕方なくなってしまって。。。個人的には「MGAT」や「Foster The People」に近いノリを感じて、かなりツボ。最近のヘビーローテーションです。

01.26.2019

帰る時間を決めてみる。

htrkkw_05 - s.JPG

ある企業さんのオフィスを見学させていただいたときに、いいなぁと思った、朝出社した際にスタッフがそれぞれ帰宅目標時間を設定して表示する取り組み。

渡辺隆建築設計事務所でも、来週から取り入れてみることにしました。

スタッフのみんなにも家族が増えてきましたし、

その日のゴールを見据え逆算して仕事に取り組んで、今までより少しでも自分の時間を増やしていく努力をしようということで。

スタッフ同士もお互い今日何時に仕事を切り上げるつもりなのか分かりあっていることは、良いことだと思いますし。

htrkkw_04 - s.JPG

設計事務所という業態で、今の仕事量で、どこまで効果を発揮できるか未知数ですが、よりオープンに楽しく建築に向き合えるようになっていくとよいのですけれど。

本日の音楽: Radiohead [ Kid A ] 09 Morning Bell

この作品を初めて聴いたのは、発売日(2000年、前職の時)。定時後、事務所を抜け出して近くのCDショップで購入して、深夜、事務所のCDラジカセで。仕事が山積みの深夜の事務所で聴くには、精神衛生上あまりいいものではないぁというのが最初の印象でした。そんな訳で当然他の所員にみんな(特にセンパイ方)には不評で(笑)。今でも愛聴盤というのが何とも不思議。それにしても、働き方・・・時代は変わっていくものですね。もちろん良い事として。

01.24.2019

まだ12年目。

dnkg30_03 - s.JPG

電気グルーヴ」が結成30周年とのこと。

電気グルーヴを知ったのは、高校生の頃。TM NETWORK(TMN)のシングル「RHYTHM RED BEAT BLACK VERSION 2.0」のカップリングとして発表されたメジャーデビュー曲「RHYTHM RED BEAT BLACK [Version 300000000000] 」でした。TMの3人に扮したジャケット写真も、TMの原曲をアレンジした収録曲も、TM NETWORKをリスペクトしていな感が凄くって(笑)、その振り切れっぷりと軽やかさにびっくりしたことをよく覚えています。

電気グルーヴは、20周年「20」、25周年「25」と、結成記念アルバムを発売していて、

この、30周年記念アルバム「30」。

今でも第一線。今でもカッコよくって、今でもフザけていて、変わらず最高です!

 

どこかのインタビューでこんな発言が。

Q:「憧れてます!」って言われることは多くないですか?
A:いやあ、若い子にはわからないでしょう。ある程度責任を負うようになった人たちが、この責任のなさに憧れるんじゃないですかね。若い子は逆に、もっと責任を負いたいって思ってるんじゃないかな。

 

そんな風に自分たちを客観的に見ているところも素敵。私はまさに、ドンピシャ、憧れてしまっている世代です。

twtms_10anv_25 - s.JPG

そういえば、、、

渡辺隆建築設計事務所は1月15日で10周年の年が終わり、12年目に突入しました。

30周年はまだまだ遠いですけれど、15周年、20周年、25周年と、少しづつ。電気グルーヴを見習って(アルバムは出せなないですが・・・)節目節目に10周年の時のような記念名刺を作ってシリーズ化していこうかな。

本日の音楽: 電気グルーヴ [ 30 ] 01 電気グルーヴ10周年の歌 2019

30周年盤の1曲目が「電気グルーヴ10周年の歌 2019」(笑)。「Flashback Disco」や「Shangri-La」のリメイクとこういう曲が同居しているという素敵さ。やっぱり憧れしかないです。

pagetop